募集案内

2019/06/21

【大学生インターン募集!】この夏、島の未来をつくる旅に出る。iSP! 2019 @長崎県 壱岐島

【大学生インターン募集!】この夏、島の未来をつくる旅に出る。i.club Summer Program! 2019 @長崎県 壱岐島

■■■募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!■■■

応募フォームはこちら
https://forms.gle/jqaihAz4kcbkvH3WA

この夏、i.clubでは大学生が長崎県 壱岐島を旅し、島の未来を担う高校生と出会い、共に未来をつくるアイデアを出すことを学び・挑む「i.club Summer Program! 2019(略称:iSP!2019)」を開催します。そのプログラムに参加する大学生インターンを募集します。募集チラシ

■開催背景

イノベーション、それは「未来をつくるアイデアを出すこと」。これからの時代を生き抜く中で、一人一人が未来をつくるアイデアを出す力をもつ重要性はより増していくのではないでしょうか。

特に全国の地域では人口減少問題に直面しており、この問題の背景の一つには若者の地域離れがあるといえます。こうした課題において、特に地元を出る前の高校生が「地域と生きるという選択肢をもつ」ことが解決策の一つです。そのためには、地元の高校生が地域に対する誇りや愛着、そして、人々とのつながりを育みながら、自らが未来をつくるアイデアを出す力を身に着けることが求められています。

i.clubでは、「だれもが未来をつくるアイデアを出したいと思う世の中へ」に向けて、未来を担う世代である中学生、高校生を対象に、未来をつくるアイデアを出すための作法を学び、その心構えと動機づけを得る教育(イノベーション教育)を開発・実践してきました。

多くの地域の中学生、高校生がイノベーション教育を学ぶ中で、大きく成長していく姿をみてきた一方で、そのイノベーション教育を教える人材が不足している課題があります。

そこでi.clubでは、イノベーション教育を教える人材の育成を目的に、大学生が地域を旅し、その地域の未来を担う高校生と出会い、共に未来をつくるアイデアを出すことを学び・挑む「i.club Summer Program!(略称:iSP!)」を開催しています。

この夏、大学生にとってイノベーション教育の学びの機会を。そして、地域の高校生たちと共に未来をつくるアイデアを出すことに挑む体験を。そんな機会と体験の旅に、この夏、出ませんか。

■プログラムにおけるキーワード

#これからの学び #イノベーション教育 #地方創生 #アイデア創出を学ぶ #高校生との交流 #みんなでバーベキュー #離島 #船旅 #地域とのつながり #フェリーからお別れ #共に成長  #フィールドワーク実践 #インタビュー実践 #夏空 #青い海 #新鮮な魚 #夏の思い出

■大学生インターンで得られること

Ⅰ. イノベーション教育を基礎から学び、実践する
サマープログラムでは、i.clubが独自に開発した教材を使用しながら、イノベーション教育の基礎から学ぶようにつくられています。また、学びを実践に移すことで、学びが実体験となり、より深い学びにつなげられます。未来をつくるアイデアを出すことに、きっと自信がもてるはずです。

Ⅱ. フィールドワーク・インタビューの実践
未来をつくるアイデアを出すためには、現地のフィールドワーク・インタビューが欠かせません。サマープログラムでは、魅力溢れる壱岐島を舞台にフィールドワークを行い、現地の方へのインタビューを実践します。いままで知らなかった世界にきっと出会えるはずです。

III. 地域の高校生と共に学び、挑み、成長を感じる
サマープログラムでは、地域の高校生と共に学び、共に未来をつくるアイデアを出すことに挑みます。共に学び・挑むからこそ得られる成長、そして、達成感があります。一緒に感じたひと夏の成長と達成感は、きっと一生の思い出になるはずです。

■大学生インターンの主な役割

・プログラム中の高校生へのチア(応援・元気づけ)
・プログラム中の高校生へのメンタリング(成果物へのアドバイス)
・プログラム後のふりかえりアンケート・プログラムへのフィードバック

■応募方法

下記のリンクから応募ください。応募完了後、5日以内に事務局からメールにて書類選考の結果をご連絡します。書類選考を通過した方は、担当者とオンライン面談による選考を行った上で、最終的な決定になります。
応募フォーム: https://forms.gle/jqaihAz4kcbkvH3WA

■応募締め切り

2019年6月28日(金)〜7月8日(月)12:00(正午)まで

ただし、応募順に選抜を行い、定員達し次第、締め切り(本ページにてお知らせ)
→選考は随時行っているため、早めの応募をおすすめします。なお、定員に満たない際には、募集期間を延長する場合もあります。詳細は本ページに掲載します。

■開催日程・会場

@IKI:長崎県 壱岐島

2019年7月31日〜8月4日(4泊5日)予定

7月31日(水):移動(東京→福岡→壱岐):壱岐島泊
8月1日(木):高校生とのワークショップ(オリエンテーション・フィールドワーク):壱岐島泊
8月2日(金):高校生とのワークショップ(追加インタビュー・アイデア創造):壱岐島泊
8月3日(土):高校生とのワークショップ(アイデア創造・プレゼン準備):壱岐島泊
8月4日(日):高校生とのワークショップ(プレゼン)、移動(壱岐→福岡→東京)

■募集人数

東京からの大学生:3名程度

〈参考〉そのほか参加予定人数
・高校生(壱岐高校、壱岐商業高校):25名程度
・地元九州からの大学生(九州大学、長崎大学):10名程度

■費用

i.clubが参加にかかる以下の費用を全額負担します。

❶東京→福岡までの往復航空券、博多港から壱岐島までの往復フェリー代
❷プログラム中の4泊5日の宿泊代
❸そのほか、島内の移動代、教材代、オリジナルTシャツ代など

*プログラム中の食費などは別途自己負担

■応募資格

1・原則全日程参加できること
2・プログラム中に現役の大学生・大学院生であること
3・教育に対して興味・関心があること

■その他プログラムに関する補足事項

1・使用言語:日本語
2・プログラム中の作成物や撮影などの利用:プログラム中の作成物や撮影した画像・動画の利用は、i.clubやプログラムの関係企業・行政が行う広報活動等の目的で利用させていただきます

■お問い合わせ

プログラムに関する質問などは、以下の方法でお問い合わせください。
http://innovationclub.jp/(i.club公式ホームページ「お問い合わせ」から)

〈参考〉昨年度 (iSP!2018@IKI)の活動風景

〈参考〉昨年度 (iSP!2018@IKI)の大学生の声

Q1. あなたにとってiSP!とはなんですか?

・私にとってiSP!とは、「地方の魅力に触れる窓」です。その理由は、iSP!を通して地元の様々な方の口から、地元の魅力について聞き、それだけでなく彼ら自身の魅力から地元の持つ、"語られない"ともいうべき魅力にも気づくことができたからです。

・私にとってのiSP!は、「気づき」です。このプログラムを通して、人々の持っている価値観の中の、先入観を見つけることの大切さを「気づく」ことが出来ただけでなく、イノベーションを起こすことは学ぶこと、行動することにより上達することにも「気づく」ことが出来たからです。

Q2. プログラムであなたはどのように変わりましたか?

・これまで、新しい何かを創りだす案を出すことに苦手意識を感じていたが、実際にチーム内で自分が出した案が他のメンバーから、「それ良いかもね!」と言われたことから、何気なく思いついた案から、話し合いが深まると感じたので、例え小さなひらめきでも積極的に意見を出していこう、という意識に変化しました。

・私はアイデアを生み出すことはセンスのある人間にしかできないものとして考えていましたが、プログラムに参加して、順序だてて考えていけばアイデアは誰にでも創ることができると学びました。その結果、アイデアを生み出すような取り組みを積極的に行いたいという気持ちになりました!