活動報告

2019/09/18

【WS編】アントレプレナーシップ・スクール@江府町 2019を実施しました!

鳥取県江府町にて「アントレプレナーシップ・スクール@江府町 2019」のワークショップを実施しました。

「アントレプレナーシップ」という言葉から、会社をつくる(起業する)というイメージをもつ人も少なくありません。しかしながら、広義には起業することに限らず、「限られた資源や、これまでの常識を乗り越え、チャンスをつかむ力」といえます。人口増加が当たり前だったこれまでと違い、これからは限られた資源の中で考えなくてはならない時代・これまでの常識が通用しなくなる時代。誰も経験したことのないそんな時代において、私たちに必要な力が、このアントレプレナーシップであると考えています。

アントレプレナーシップ・スクール、通称「アントレスクール」は、地元を舞台に、限られた資源やこれまでの常識を乗り越え、イノベーション(=未来をつくるアイデアを出すこと)に挑戦する学校です。

8月27日・28日の2日間では、江府中学校の3学年22名がワークショップに参加しました。
テーマは、「江府町のまち・ひと・しごとの未来をつくるアイデアを考えよ」。5つのチームに分かれた彼ら彼女らは、イノベーションの作法や心構えを学びながら、「まち」「ひと」「しごと」に関わるさまざまな資源を探究し、地元の未来をつくるアイデアを出すことに挑戦しました。

中学生議会編へ続きます>>>